ほんの興味心から入った風俗業界でナンバーワンを取るまでの体験談。

清楚系風俗嬢はたまらないですね!

いろんなジャンルの中で自分が一番気になっているのは清楚系風俗嬢です。「なんでこんな子がここに」って思うような清純な子が好みなんですよ。外見は清純ではあっても、そこはやっぱり風俗嬢ですからいろいろとしてくれるんですがそのギャップがこれまたエロいんですよ(笑)やっぱりギャップは精神的にドキドキさせられるんですよね。エロい子がエロい事をしてくれるのは、ある意味自分自身の中で期待を裏切らないとは思うんですけど、予想通りとも言えるじゃないですか。その点あまりエロそうじゃない子が実はエロかったって方がこっちとしても興奮させられるし、それが快感にも繋がっていくんですよ。だから自分にとっては清楚系の風俗嬢が大好物です。ただ、なかなか見かけない人種ではありますから、どこにいるのかをチェックするのも自分の楽しみなんですよ。雑誌にポータルサイトにと、女の子探しは欠かせないですからね。その女の子探しも含めて楽しんでいます。

クレジットカードで風俗は大丈夫か

最近じゃクレジットカードが使える風俗も増えていますけど、実際の所それは大丈夫なのかって思っている人、多いんじゃないですかね?まぁ不安になるのも分からない話ではないんですけど、自分はここ二年くらいクレジットカードで風俗を利用していますけど、今まで一度もトラブルに見舞われた事はないです!特に何もないっていうのが本音でしょうか。むしろ風俗の料金ってそこそこじゃないですか。その額をクレジットカードで支払うとその分のポイントまでもらえるので悪くないなって思っているんですよ(笑)それこそコンンビだとか安い買い物でクレジットカードを使っていてもなかなかポイントは堪らないんです。それよりもよく言われているように家賃だとか高い出費こそクレジットカードを活用すべきなんですよね。おかげでクレジットカードのポイントの貯まりが早くなっているので、いろいろと活用させてもらって一石二鳥になっているほどですから、不安はないんじゃないかなと。

ウィークリーマンションでの風俗生活!

会社の都合で、単身赴任というか本当に数か月だけ転勤する事が多いんです。自分は社宅なので家賃に関してはそこまで大変とかは思わないですし、転勤するとウィークリーマンションを用意してもらえるのでお金に関しては不安はありません。むしろウィークリーマンションって設備がいいんですよね。何もかも揃っているので、手ぶらでも訪れても大丈夫だろうって感じですが、せっかくなのでそこにデリヘル嬢を呼ぶ事もあります(笑)そのウィークリーマンションは会社で所有しているとかではなく、あくまでも会社がお金を支払ってくれているってだけですから周りも全員同僚とかって訳ではないんです。それに地域によっては風俗店がない時もあるし、風俗店があっても、自分のプライベート空間にデリヘル嬢を呼ぶのがスリルがあって良いんですよ。自宅なようで自宅ではなく、ホテルなようでホテルではない。そんなウィークリーマンションでのプレイはかなり燃えますよ!

良い意味で期待を裏切ってくれた風俗嬢

期待を裏切るっていうのは本来悪い意味で使われると思うんですけど、良い意味で期待を裏切るって言葉もあるじゃないですか。前回の風俗はまさにそれでしたね。デリヘルでKという子を呼んだんです。彼女は綺麗系の子でこんな美人にいろいろな事をしてもらえたらさぞ自分は元気になるだろうって思っていたんです。そしてホテルに彼女がやってきたんですけど、彼女、綺麗系であると共に物凄くスタイルが良かったです。その風俗店のホームページでは下着の写真がなかったのでスタイルがよく分からなかったんですよ。顔が美人で好みだからそれだけで選んだんですけど、まさかここまでスタイルが良いとは思っていなかったので嬉しい誤算というか、良い意味で期待を裏切られたかなと(笑)綺麗系なルックスだけではなく、スタイルまで良かったんです。男冥利に尽きますよね。おかげでとっても楽しい時間になったのは言うまでもありません!むしろ彼女相手にあの料金は安いくらいですね!

癒やし系な雰囲気の風俗嬢と思いきや!

風俗店のホームページを見る限りでは癒やし系というか、のんびりとしたマイペースな子なのかなって思ったんですよ。実際自分はそういった子が好きなので、それで彼女を指名したんです。ホテルで待つ事20分弱くらいですかね。彼女がやってきたんですけど、写真では癒やし系っぽいなって思っていたものの、実物は物凄く綺麗系な子でした。本人に聞いたら奇跡の一枚だと思うって笑っていましたが、美人系だって別に嫌いじゃないですからね(笑)もっとほんわりとしたプレイになるかなって思っていたんですけど、実際にはかなりアグレッシブな時間になりました。こういった事も含めて自分は風俗が大好きなんですよね。だって本当だったらそこからマイペースに楽しもうとか思っていたのに、いざ蓋を開けてみたらかなりアグレッシブなプレイになったんです。もちろんそれで大満足でしたし、とにかくいろいろと自分にとって有意義な時間になったんじゃないかなって思いましたね!